財布

財布の情報サイト
革財布の手入れについて

財布などの革工房

財布などを手縫いの技術で職人が制作しています。

革財布の手入れ(メンテナンス)について: 一般的な注意事項

革製品をお使いになる際のお手入れは、付着した汚れを落とすことから始まります。
革は微細な繊維が交絡しているため、その隙間に汚れが侵入すると取り除くことがやっかいになります。
汚れを侵入させないためには、こまめな”乾拭き”が一番簡単な方法です。

乾拭きの効果
革は乾拭きを繰り返すと、中の油分が染み出してきて、光沢を増し、表面を保護していきます。また油分による防水効果も期待できますので、手軽で効果的なお手入れは乾拭きです。
また、日光にあてることでも、同様に油分を活性化させて防水効果をもたらします。
乾拭きする時は、きれいな乾いた布などで軽くなでるようにして磨いていきます。
強くこすると、汚れを革に押し込んだり、革の種類によっては色が濃くなりますので、あくまで軽く”なでる”ようにするのが一番いい方法です。

やってはいけない事

・ 汚れた場合、ベンジンやシンナーを使うと油性汚れは落ちますが、革の塗装膜を溶かしたりシミになったりするので絶対に使用しないでください。

・ 水溶性の汚れを水ぶきする場合や、市販のクリーナーやクリームなどの手入れ剤を使用する場合も、革の表面仕上げ方法を考慮しないとシミや色ムラを生じる恐れがあり、かえって革を傷める結果となります。

・ メンテナンス用品を使用する場合には、いきなり全体に塗らないでください。 あらかじめ目立たない部分でテストし、色落ちやシミ等ができないか必ず確認してから全体に使用することが大事です。

・ 革の取り扱いで最も気をつけることは、革が濡れた場合のメンテナンスです。雨、その他何らかの理由で革をぬらした時、直火、アイロン、ドライヤーなどにより高温で乾燥させてると革は硬化してしまいますので、革の乾燥は風通しのよい所での陰干しが原則です。



革のメンテナンス用品の種類と注意事項
メンテナンス用品には下記のような様々なものがあります。選択する際に気をつけることは、磨き仕上げ等で光沢のある革には油性のメンテナンス用品は厳禁です。
油分や蝋分の追加で光沢が失われてしまいます。光沢のある革は原則として布等で乾拭きしてください。それでも汚れた場合は、光沢のある革には爬虫類の革用の手入れ剤の中から適切なものを選んでください。爬虫類の革用の手入れ剤は革の表面の光沢を維持できるものがあります。また、目立たない部分でのテストも行ってください。

汚れ落とし用クリーナー
汚れを落とすために使用します。チューブ入り、ビン入り、エアゾールタイプ(スプレー式)、消しゴムタイプがあります。性質は弱酸性、中性とアルカリ性があり、アルカリ性の場合汚れを取る力が最も大きいのですが革の色落ちも大きいので、取り扱いは注意が必要です。他に、汚れ落としとともに防水、つや出し、柔軟効果、防カビ効果、保革効果をうたったものもあります。クリナーは革によって種類が分かれますので、革にあったものを選択してください。
中には、レザーソープのような石鹸タイプのものもありますが、適した革の種類と使い方をよく理解されてから使われることをお勧めします。

保護クリーム
クリームの役目は、色・つやの保持、保革、防水、汚れ・傷からの保護などです。多くは靴などに使われます。
乳化性、油性、液体、エアゾールタイプなどがあります。乳化性クリームの主成分は水、油脂、ワックスであり、色に応じて着色剤が加えてあります。ビンやチューブに入っており、色の保持、保革に効果があります。油性クリームは缶入りが多く、水が入っていないため、つや出し、防水効果が大きくなります。液体クリームは水とワックスからなり、つやを与えるものが多く、エアゾールタイプは使い勝手のよさを目的としています。この他、防カビ剤、保湿剤等が配合されているものもあります。こうったクリーム性のメンテナンス用品も用途にあったものを選択することが重要です。

油分添加剤
ペースト状、液状、半固形、エアゾールタイプがあり、革にオイルを与えて革を柔軟にし、革の割れを防止します。
こういったオイルの補充は、やりすぎると革を傷めることにもなります。何事もやりすぎはよくありません。
うっすらとつけて、きれいな布きれ等で伸ばすくらいで十分です。

防水剤エアゾールタイプが主流で、成分はシリコンやフッ素化合物です。他に、革クリームの中に防水効果を兼ね備えたものもあります。これらを使用する時は、革の種類(動物種ではなく、革の表面仕上げの状態:例えばスエード、ヌバックなど起毛革、素上げ、塗装仕上げなど)に合ったものを選び、あらかじめ目立たない部分で色落ち、シミやムラができないかテストすることが必要となってきます。



革の種類/加工方法別・手入れ方法

通常は軟らかい布で、から拭きをします。起毛革はブラッシングします。手あかのような汚れにはクリーナーを使用することになりますが、特に、ハンドバッグはファッション性の高い製品であり、使用する革も多彩ですので、購入時に革の種類を確かめておく必要があります。液状のクリーナーでシミになるような場合は、から拭きか消しゴムタイプのクリーナー、あるいは食パンの白い部分で汚れを取るくらいにとどめておくこと、クリームも革の種類に合ったもので、色移りを防ぐため無色のものを選ぶとよいでしょう。

革の種類別手入れ方法
ハ虫類の革 ワニやトカゲなどハ虫類の革で光沢のある場合、これらの表面はメノウやガラスの玉で磨き上げてある(グレージング仕上げ)ので取り扱いは丁寧に行わなければなりません。まず、から拭きでほこりや汚れを落としてから、軟らかい布で丁寧に磨いてつや感を保つようにします。
 光沢のない素上げタイプ(マット仕上げ)の場合は、日ごろから拭きを習慣づけておくとよいです。少しの汚れは、軟らかい消しゴムで軽くこすって取り除きます。

一般の牛革
 乾いた柔らかい布で、まめに汚れを落とすことです。乾いた布で落ちない場合は、消しゴムで擦ってみるのも一つの方法です。水にぬれたら、乾いた布でたたくようにふきとり、直射日光を避けて陰干しにします。白い革の場合はまめに柔らかい布で汚れを落とし、薄めた中性洗剤で軽く拭き、陰干しにして、保革用クリーナーをすりこんでください。

ビッグスキン
 専用消しゴムで軽くこすってください。クリームは禁物です。

ヌメ革
 シミになりやすい革なので、新しいうちに水、油をはじく皮革用防水スプレーをして、クリーナーはゴムタイプのものをご使用ください。クリームは「ヌメ革」専用のものをお使いください。


革の種類別手入れ方法
本染めアニリン仕上げの革
 この革は美しいがキズがつき易くその上汚れ、湿気等でシミもつきやすく一旦しみがつくとなかなか取れません。柔らかい毛のブラシで取れない汚れは、アニリン専用のクリーナーを使用します。普通のクリーナーは逆にシミになる恐れがあるので禁物です。

ガラス張革
 この革は表面を顔料の膜で覆っているので、ぶつけたり、硬い物でこすったりすると、表面がはげたりキズついたりします。多少の汚れなら乾いた柔布で拭き取り、汚れのひどい場合は中性洗剤でふきその後ガラス専用のクリーナーを塗ります。強力クリーナーの使用は禁物です。

水染めの革
 乾いた布で拭き取るか、又は消しゴムで落とします。液体クリーナーを使用すると、吸い込んだり色落ちしたりしますので、液体に近いクリーナーの使用は禁物です。

スエード/ヌバック/ベロア ナイロンか毛のブラシでブラッシングすればほこりは落ち、毛足も美しくそろいます。汚れは消しゴムで落とすのがコツ。あまり強く擦るとそこだけ白くなります。また毛がなくなったり、光ったりしてきたら、ブラシで起毛させます。クリーナーは大禁物です。なお、あらかじめ防水スプレーをかけておきますと、汚れの防止になります。

エナメル
 表面の光沢を維持するためにも手入れの時は手袋をはめてします。普通の革より水に強いので、ネルなどの布を湿らせてたたくように拭きます。クリーナーを使う時はエナメル専用のものを。保存する時は、紙やビニールは避けて、ネルで包んでおく。この際、銀つき革やビニール素材のバックと直接ふれないように。

マット仕上げの革
 軽い汚れの場合、カラ拭きしたり消しゴム等で軽くこすって落とします。クリーナーを使用する時は、必ずマット専用のクリームを使用します。従来のクリーナーでは、つや消しマット仕上げの革は光沢が出てしまいます。

パール仕上げの革
 普通のクリーナーの使用はさけ、かわいた柔らかい布でから拭きします。

TOP

 財布に関する豆知識



財布を販売しているブランド一覧

財布を制作している国内、海外のブランドです。他にもありますが一部をご紹介しています。


ルイ・ヴィトン
伝統と革新のヴィトンの財布


エルメス
職人技の極致のエルメスの財布


ボッテガ ヴェネタ
これぞイタリア職人技の極致の財布


プラダ
大人の女性に相応しいプラダの財布


グッチ
セレブな女性にはグッチの財布


サマンサ・タバサ
かわいいが代名詞のサマンサタバサの財布


ベルルッティ
パテーヌによる芸術作品。高級靴ブランドの財布


ミュウミュウ
大人かわいいのミュウミュウの財布


ダンヒル
トラデショナルな男性の財布


エッティンガー
英国王室御用達のブランドの財布


ホワイトハウスコックス
ブライドルレザーのホワイトハウスコックスの財布


グレンロイヤル
伝統あるスコットランドの最高の技術の財布


イルビゾンテ
フィレンツェの伝統の財布


フェリージ
バッグメーカーの財布


ブリー
ドイツ生まれのバッグブランドBREE(ブリー)の財布


ワイルドスワンズ
武骨なデザインと革の魅力の両立した財布





財布販売及び財布関連サイト集

財布を販売されているサイトや財布の情報を掲載されているサイトをご紹介いたします。

価格.com - 財布・小物
財布本舗
X-SELL 財布・小物
メンズ財布市場
スーパーブランドの財布を探そう! - Yahoo!ショッピング
財布・通販【財布市場】ノンブランドの革財布(メンズ/レディース)
+ こだわりのお財布・革小物+革職人 LEATHER FACTORY+
概要-発展の歴史-現用の財布-関連項目
楽天市場】財布市場 | 人気の財布、かわいいお財布、使いやすいお財布の
ショルダーバッグ・財布などメンズファッション満載!|夢隊web メンズ館