財布

財布の情報サイト
職人財布やブランド財布で人気がある財布とは何か?革職人の想いを発信しています。



財布などの革工房

財布などを手縫いの技術で職人が制作しています。

レザー(革)の特性を活かす

 動物の「皮」は、「鞣し(なめし)」という工程を経て「革」と呼ばれる素材となります。本来は動物の皮膚であるため、柔軟かつ伸縮する密な繊維層(皮タンパク質コラーゲン)で構成されています。「鞣す」ことにより、皮膚を「革」と呼ばれる素材に甦らせます。この「鞣す」の文字が革を柔らかくすると書くように、「鞣し」によって柔軟性を革に与えます。
 「鞣す」技法には、植物からとられる「タンニン」を用いる「タンニン鞣し」や、塩基性硫酸クロム液を用いコラーゲンの酸根と結合させる「クロム鞣し」が代表的です。また国内固有の手法として、牛革を川水に漬けて脱毛し、塩と菜種油で揉み上げて天日に晒し、白色の皮に仕上げてゆく「白なめし」という技法もあります。
 こういった「鞣し」により生まれた「革」は本来の皮膚の柔軟性と耐久性を持ち、古来から人を引き付けてきた不思議な魅力を放ちます。年月と共に深みを増し、傷を刻んでも、劣化というよりも「味」として受け入れられる数少ない素材です。
 そういった革本来の特性を活かすとは、革の柔軟性、経年変化を前提としたデザインとすることです。タンニン鞣しの革は、特にストレスをかけると、その部分が変色していきます。デザイン、使用方法によって色の変化が著しい素材です。また、クロム鞣しの革は、繊維構造が荒くなり「ふわふわ」した柔らかさと軽さが特徴で、もっとも多くの既製品の材料に使われています。そういった特徴を活かし、長年にわたる使用の中で変化していくことを前提としたデザインを "alterezza"はコンセプトとしています。
 使い始めの頃には未だデザインは完成していません。長年の時を経て、その人だけのデザインが完成します。多くの既製品は崩れを避けたがります。また傷を嫌います。従って、初めて手にした時が最高の状態であり、使ううちにその価値は減少していきます。"alterezza"は使っていくうちに魅力を増し続けることを目指しており、使い続けた年月がその作品を手にした人の真の価値であってほしいと思っています。

手縫い

 詳しくは製法で述べますが、"alterezza"の作品は全て手縫いで作られています。ミシン縫いは、正確な縫い目と効率、また薄手の素材の縫い合わせが容易なことが長所です。しかし、その反面、糸が革を交差していないため、糸切れで簡単にほどけてしまう短所もあります。
 手縫いの場合は、「サドルステッチ」と呼ばれる縫い目となり、糸を交互に革に刺しながら縫い上げます。短所は、その効率の悪さですが、長所は厚手の革でも縫い上げることができるのと、ミシンでは縫えない立体的な構造でも技術により縫い合わせが可能なことです。厚手の革を使うメリットは作品の「コシ」が厚手の革で得られることと、革の柔軟性を活かしたデザインが可能なことです。実際に、薄手の革の場合、擦れ等で簡単に穴があいてしまうことを考慮し、 "alterezza"では厚手の革を多用するため、全て手縫いで仕上げられています。

色彩

 色は精神面に影響を与える重要な要素です。ヨーロッパのファッション関連のイベントを見ても、色彩の重要性が理解できます。貴金属を装飾しなくても、色と素材により華やかさをもたらすことができます。染色された革は、繊維の不均一性のため、色にムラが生じますが、逆に、それにより本来のナチュラルな風合いと、革自身の深みが増殖されます。


財布の製法

作品により、その製法も変わってきますが、主な製作の手順を簡単にご紹介したいと思います。

デザイン

もっとも時間がかかるのが、デザインの考察です。用いる革の質感と特性とのマッチングが重要な要素です。イメージする形を具現化するために、紙でモックを作成したりしながらデザインを固めていきます。

材料選定

イメージする作品に合った革を探し出します。この作業はマッチした革に出会えるかどうかですので、運が良ければ即日、運が悪ければ数ヶ月かかります。また、革が見つからずお蔵入りになるデザインもあります。

パターン起こし

デザインが確定し,革が見つかったら、型紙を起こしていきます。革質を見ながらデザインを微調整しながら全体のイメージを形にしていく最も重要な作業です。

目打ち

革を裁断する前に目打ちで縫い穴をあけます。厚手の革には菱目打ちで縫い穴をあけていきます。また薄手の革では場合により丸目打ちで穴をあけていきます。こういった目打ちの間隔(ピッチ)は出来上がりの雰囲気を左右しますので作品に合ったピッチの打ち具を選択します。また目の形で縫いあがりも決まってきますので、慎重に作業を行います。

裁断

革包丁で裁断していきます。正確な裁断が後の工程を楽にします。

手縫い

蝋引き
革を張り合わせた後に、麻糸、またはポリエステル糸で縫い上げます。糸は全体の雰囲気に影響を与えるので最適の太さ、色を選定して地道に縫いこんでいきます。縫い加減を革に合わせて調整しながら縫っていきます。革の厚さが1cmを超える場合もあり、そのような厚さの革はミシンでは縫えませんが、キリなども使い手縫い針で糸を通していきます。 
使う麻糸には白蝋、蜜蝋と松脂を混合したロウを引いています。糸に合わせて各蝋の混合比率を調整して使用しています。そのロウによって縫いが締まり、毛羽立ちが抑えられ、また耐久性が向上します。麻糸は綿糸に比べて耐久性が高い糸ですが、ロウを塗りこむことによって更に耐久性を上げています。
麻糸とポリエステル糸では、その利点が異なりますので、用途に合わせて選択して縫い上げます。
革小物など、他の物との接触が多い物は摩擦強度が麻糸より優れているポリエステル糸を使います。また鞄など日光に当たる頻度が多い物は、紫外線劣化の少ない麻糸を用います。ほとんど大きな性能の差はありませんが、それでも適正を考慮して糸を選択します。

また、他に「シニュー」と言う動物の腱を使った糸もありますが、最近は人口的に化学繊維をつかった「人工シニュー」にとって代わっており、本来のシニューの生産は減少してきています。

小端処理

革の切り端をコバ(木端)といい、ヤスリやカンナで削った後に、蜜蝋やフノリを使って磨いていきます。この作業は時間がかかり、求める輝き、固さが出るまで何度も磨いていきます。

仕上げ

全体を乾いた布で吹き上げて、保護のために特性クリームを塗りこんで完成です。


糸や革の変更などのセミオーダーについて

革工房アルテレッツァではミシンを使用しておりません。縫い穴を開ける工具を革に打ち込み、縫い穴に表と裏から糸を通し、縫製は「サドルステッチ」と呼ばれる手法で、全て丈夫な手縫いで行っています。レザーと製法にこだわり工房より直接お届けしています。
縫製されている作品では、受注生産のため縫い糸を10色の中から選択できますので、ご注文の際にご指定ください。

1.無染色のヌメ革を内側に使っている作品の場合、 糸は白、薄紫、薄茶など淡い色がよく合います。
  財布などはかなり縫い込んであり、濃い色の糸を無染色のヌメ革に合わせると縫い目が目立ち過ぎることもございます。
2.革と同系色の糸を合わせると統一感がでます。逆に対照的な糸の色にすると鮮やかな色彩となります。

また、メールオーダーでは革の変更などのセミオーダーをお受けしています。革を変更する場合、現在販売中の作品で使用されている革に限定させていただいておりますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。尚、革の変更が理由で納期が伸びることはございません。また、価格につきましては、革を変更される場合でも通常は価格は変わりませんが、一部の手染めの革に変更される場合のみ2割アップの価格となります。
制作物によっては、革の変更は質感の違いでそぐわない場合もございますので、メールやお電話等でお問い合わせいただければご説明申し上げます。




TOP

 財布に関する豆知識



財布を販売しているブランド一覧

財布を制作している国内、海外のブランドです。他にもありますが一部をご紹介しています。


ルイ・ヴィトン
伝統と革新のヴィトンの財布


エルメス
職人技の極致のエルメスの財布


ボッテガ ヴェネタ
これぞイタリア職人技の極致の財布


プラダ
大人の女性に相応しいプラダの財布


グッチ
セレブな女性にはグッチの財布


サマンサ・タバサ
かわいいが代名詞のサマンサタバサの財布


ベルルッティ
パテーヌによる芸術作品。高級靴ブランドの財布


ミュウミュウ
大人かわいいのミュウミュウの財布


ダンヒル
トラデショナルな男性の財布


エッティンガー
英国王室御用達のブランドの財布


ホワイトハウスコックス
ブライドルレザーのホワイトハウスコックスの財布


グレンロイヤル
伝統あるスコットランドの最高の技術の財布


イルビゾンテ
フィレンツェの伝統の財布


フェリージ
バッグメーカーの財布


ブリー
ドイツ生まれのバッグブランドBREE(ブリー)の財布


ワイルドスワンズ
武骨なデザインと革の魅力の両立した財布





財布販売及び財布関連サイト集

財布を販売されているサイトや財布の情報を掲載されているサイトをご紹介いたします。

オーソドキシー銀座
MASAKI&FACTORY
アセスジャパン
TENZERO
GANZO
nauts ハーフウォレット
nauts ロングウォレット
銀革屋
あやの小路
BACKORDER
カルクル
ハンドメイド革財布
権治
革ブランド・革工房まとめ





BookMark
Yahoo!ブックマークに登録