財布

財布の情報サイト
財布に使われる革の加工方法



財布などの革工房

財布などを手縫いの技術で職人が制作しています。

財布に使われる革の加工方法

革は加工方法やなめし方法によって様々な特徴をもちます。

銀つき革 一般にスムースと呼ばれなめして染色しただけの 銀面層(表面)を活かした革のことです。 本染め革とも呼ばれています。厚い革を2枚か3枚にスライスした一番上の1枚目(表面の付いている部分)を銀付き革と呼び、2枚目 3枚目をそれぞれ一番床革二番床革と呼んでいます。

ヌバック 牛革の銀面(表面)を起毛させたベルベット状の革です。バックスキンより目の細かいペーパーを使うため毛足が短く、防水性のオイルド・ヌバックがアウトドア・シューズ等に用いられています。 NEO(新しい)バックが語源とされています。

スエード クロムなめした牛、山羊、羊等の革の裏面をサンドペーパーでベルベット状に起毛した革で、毛足が短くソフトなものほど上質とされています。 仏語のスウェーデンが名前の由来です。

ベロア 成牛革の裏面を起毛させた革です。 スエードよりも粗く 毛足が長く デザート・ブーツやワラビー等に利用されていますが、上質なものはスエードより高価なものもあるようです。

バックスキン 鹿革(BUCK)の総称で特に牡鹿の銀面(表面)をビロード状に起毛させた革です。

揉み革 グレイン スコッチ・グレイン・レザー(SCOTCH GRAIN)とも呼ばれ、なめした後に揉んでシボをつけています。 大鹿に似せたエルクの他に水しぼ/角揉み/八方揉み等があります。

シュリンクレザー なめし工程中に特別な薬品を使って銀面を縮ませた革で 、揉んだ革よりもシボが強調されています。

型押し革 なめした後 銀面に模様を加熱高圧プレス機でプレスした革で、表面のシボが特徴です。ワニ、リザード等の高級系の革に似せたものも多く、最近のモノは良く加工されていますので一見では判別に迷うものもあります。また、幾何学模様のものもあります。

ボーデッドレザー 表面に軽いしわ加工や型押しを行い、細かな線模様を入れた革です。

オイルドレザー 動物油(主に魚油)でなめした革で、オイルによる撥水性により水分による劣化が少なく、しっとりとした感触があります。独特の光沢、色むらと粗い表面が特徴です。オイル・レザー/オイル・アップ・レザーとも呼ばれています。

ヌメ革 タンニンなめししただけの革で、革そのものの味わいがあります。上手に使いこむことで飴色に変色し風合いが増しますが、色の薄いものは 使用方法によって 往々にして黒ずむだけに終わる場合もあります。また、汚れが非常につきやすいデリケートな革です。

ガラス張り革 なめした後にヌメ革のように木の板ではなく、ガラス板やホーロー板に張り付けて乾燥させ、銀面に磨き処理(バフィング)合成樹脂塗装という工程でつくられた革で、 美しいツヤがあります。 樹脂を張らず磨き上げるだけの場合もあり、それぞれの製品の光沢には差があります。

エナメル革 クロムなめし後に銀面に合成樹脂(エナメル/ポリウレタン樹脂)を塗装して光沢を出した革です。日本の漆塗りをヒントに考案されアメリカでパテントが取られたことから、パテントレザーとも呼ばれています。 汚れが付きにくく、手入れも簡単ですが、寒さに弱くひび割れを起こしやすい革です。

モロッコ革 小石を敷いたような独特の模様の革で、山羊革をタンニンなめしたものです。

メッシュ 紐状の革を編んでシート状にしたもので、通気性に富んでいます。1枚状態の普通の革よりも伸縮性もあり、丈夫ですが編むために手間のかかる革です。

シルキー 仔牛の革で、スエードと同じように作られますが、さらにソフトで最高級品の革と呼ばれています。

セーム革 山羊や羊などの革を油なめししてスエード状に仕上げた革です。 時計や貴金属を磨くのに利用されています。柔らかく、しなやかで洗濯もできます。

床革 銀面をそいだ残り部分をなめした革で、粗い面の革です。樹脂塗料やエンボス加工を施してワイルドな風合いを求めるために使用されたりします。因みに、床ベロアはクロムなめしの床革を起毛したものです。

底革 本底用になめした革で普通は成牛革をタンニンなめした革です。 厚いまま硬く仕上げてあります。靴の底等に使用されることが多い革です。

アニリン加工 染色方法の一つです。色落ちしやすいデリケートな染色ですが、革がへたりにくいという特徴があります。銀面をアイロンで固めて強度と艶を出した革もあります。ヴォーノアニリンがこれにあたります。


革の通称での分類

スムースレザー 最も鞄に使われる2mm厚程度の革で、使っているうちに風合いがでてくるのが特徴です。

グラブタンレザー 野球グローブに使用されている革からヒントを得て開発された革です。しなやかで色落ちしにくいという特徴があります。

ボックスカーフ ベビーカーフをクロムでなめし、顔料仕上げを施した肉厚な革です。柔軟性と伸縮性に富み、使いつづけても表面に変化がでないのが特徴です。

ブライドルレザー フルグレインカウハイドをタンニンでなめした後に長期間蜜蝋に繰り返し漬け込んである耐久性の高い革です。ブライドル(クツワなど馬具の総称)用に英国で開発された経緯があります。基本的には、ロウのコーティングをされている為、変色や雨に対して強く、使い込むほどに光沢が増し、いつまでも頑強であるのが特徴です。薄色のものは飴色に変化していきます。

サドルレザー 馬の鞍に使われる厚みのある革です。


なめし方法での分類

クロムなめし 合成剤(硫酸クロム、重クロ ム酸ナトリウム、カリウム塩 クローム塩など)を用いた科学的製法によるなめし方で、革製鞄では8割を占めています。ソフトな風合いで比較的軽く、裏面に青みがかった深い光沢があり、柔軟性、伸縮性に富み、摩擦にも強く耐久性、耐水性もあります。但し、水を吸収すると乾燥が遅い性質があります。

タンニンなめし 天然の植物(木樹の渋抽出した天然剤)を利用した製法で、手間はかかりますが、より自然な風合いが楽しめる革です。使い込む程に独特の色に変化し、柔らかくなる性質があります。濡れても乾燥が早く、クロムなめしの革よりも伸びにくい革です。また、吸水性が良く染料に良く染まります。オークチェスナット等を使った植物なめし(Vegetable Tannage)の一種でなめした革は、黄褐色を帯びています。

混合(複合)なめし 2種類以上のなめし剤の特徴を生かし、用途毎になめした革です。クロムなめしの後にタンニンなめしをすることを「コンビなめし」ともいい、逆にタンニンなめし後、クロムなめしすることを「逆コンビ」といいます。 クロムとタンニンの長所を生かした革を作ることができます。

油なめし 動物の油脂で皮をなめす方法で 耐水性に優れています。セーム革がこれにあたり、洗濯も可能です。

白なめし 国内で伝統的に行われてきた製法です。川につけて、バクテリアの作用で脱毛し、塩入れ、菜種油による油入れなどを経て、天日干し、足揉みを繰り返すという 1千年まえからの技法によってなめされていきます。天候と相談しながら、合成・化学薬品を全く使わず、根気と手仕事で作られた淡黄色を帯びた白い革です。有名な姫路白なめし革は、出来上がるまでに3ヶ月以上もかかってしまいます。

TOP

 財布に関する豆知識



財布を販売しているブランド一覧

財布を制作している国内、海外のブランドです。他にもありますが一部をご紹介しています。


ルイ・ヴィトン
伝統と革新のヴィトンの財布


エルメス
職人技の極致のエルメスの財布


ボッテガ ヴェネタ
これぞイタリア職人技の極致の財布


プラダ
大人の女性に相応しいプラダの財布


グッチ
セレブな女性にはグッチの財布


サマンサ・タバサ
かわいいが代名詞のサマンサタバサの財布


ベルルッティ
パテーヌによる芸術作品。高級靴ブランドの財布


ミュウミュウ
大人かわいいのミュウミュウの財布


ダンヒル
トラデショナルな男性の財布


エッティンガー
英国王室御用達のブランドの財布


ホワイトハウスコックス
ブライドルレザーのホワイトハウスコックスの財布


グレンロイヤル
伝統あるスコットランドの最高の技術の財布


イルビゾンテ
フィレンツェの伝統の財布


フェリージ
バッグメーカーの財布


ブリー
ドイツ生まれのバッグブランドBREE(ブリー)の財布


ワイルドスワンズ
武骨なデザインと革の魅力の両立した財布





財布販売及び財布関連サイト集

財布を販売されているサイトや財布の情報を掲載されているサイトをご紹介いたします。

オーソドキシー銀座
MASAKI&FACTORY
アセスジャパン
TENZERO
GANZO
nauts ハーフウォレット
nauts ロングウォレット
銀革屋
あやの小路
BACKORDER
カルクル
ハンドメイド革財布
権治
革ブランド・革工房まとめ